引越しのその日にやることは2つあり

2017年12月11日

引越しのその日にやることは2つあります。
まずは、出ていく部屋では荷物を搬送したのちに管理会社の立ち合いで部屋の実情を確かめることです。
ここで大きな汚れや傷を確かめますが、このチェックが敷金での保証や別途クリーニング費用の請求に影響します。新居ではガスの元栓を開けることが必要です。
これは業者の立ち合いが必ずいります。家族揃って今年の春に引っ越しを経験したのでした。
元々の家の建て替え工事を行うために近所にあった一軒家へと引っ越しをしたのでした。
引っ越し時の荷物運び等は友人に手伝ってもらったので、引っ越しの費用自体はかからずに済みました。ただ一つだけ苦労したことは、私が幼い頃から使っていたピアノがかなり重く、運搬する際に大変な思いをしたことです。
引越し業者へ引っ越し依頼をすると、見積もりを出してくれます。
問題はないケースがほとんどですが、念のために確認をしっかりしておくことが良いと思われます。見積書の内容に含まれていない場合は、追加で費用が取られるケースもありえます。
何か疑問があるときは、できる限り契約をする前に、聞いてみてください。
現在の家へ引っ越した際は、ちょうど春の繁盛期間でした。
ともかく引っ越し業者が忙しく、なかなか自分の都合のいい日にスケジュールが取れず、ものすごく苦労しました。
最終的に、午前中で残らずすべてのことを終わらせるという大変なプランになってしまいましたが、そう言ってもどうにか引っ越し作業は完全に終了しました。
引越しのときには、荷物をダンボールに詰めていく作業は面倒でもやらなくてはいけないことです。
ひとつコツをいえば、重さがあったり壊れやすいものはなるべく小さな箱に、軽くてかさばるものは、大きなダンボールへ詰めるようにするというのがポイントです。
また、ダンボールには詰めたものの名前だけでなく、運んでもらいたい部屋もあらかじめ書いておくと引越しのときに大いに役立ってくれます。
引越しのときは、思いきって古くなったテレビを処分し、新製品の大画面テレビを取り付けました。新居のリビングはすごく広いので、大画面で綺麗な画像で、楽しくテレビを見たいと思ったからです。新品のテレビにするだけで、リビングが生まれ変わって、豪華な雰囲気になって満ち足りた気持ちです。引越しの前の日にしておくことで忘れるとまずいのは、冷蔵庫の排水です。
水抜きの方法を知らない人は冷蔵庫のコンセントは最低限抜いておくことです。
言うまでもなく、中のものは出してください。
そうでなければ、当日冷蔵庫の運搬ができないかもしれません。引越しが終わってから、ガスが使えるように手続き、説明を執り行わなければなりません。でも、ガスはお風呂を筆頭に料理のために必需品なので、できる限り引越し当日にやらないと、新居でお風呂が使えなくなります。
冬は、家で入浴できないときついので、早急に申し込んでおいた方が妥当かと思います。
引越しのために荷物をまとめる時に皿やグラス、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服等の布で包んで梱包します不要な雑誌や、新聞紙もいいですが、思ったより量が多くなり、捨てることが大変です。引越し作業がお終わると、大量の空っぽのダンボールが出ますし、そのうえ紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。
引っ越しにかかる費用は、割引になることも少なくないのです。
私の引っ越し料金もそうでした。
単身引っ越しだということで、軽トラですむことになり、それに応じて費用が大きく下がりました。
また、荷物を詰めるのも大部分を、自分でやったため、予想額よりもずっと安くおさえることができました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です